topimage

2007-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波照間島 - 2007.05.29 Tue


波照間島は日本の最南端だそうです。石垣島から高速船で1時間あまり。それでも海が荒れるとすぐに欠航するとか・・・・。
まずは、新フェリーターミナルから出航です。
新TF


高速船の波しぶきです。風向きの具合ではまともに波しぶきを被ってしまいます。島周辺では、波高が発表より1mほど高いようですので、すぐに欠航になりやすく、注意が必要だそうです。
高速船



波照間島の案内板がありました。観光?なんて期待してきたらだめですよ。ここはな?んにも無い離島なんですから。
観光案内看板



チョッと期待してきたのは、幻の銘酒「泡波」に再会できるかも・・・・。
ここがそのお酒やさんですが、開店している様子はありませんでした。
泡波の看板

やはり離島でした。まったく影も形もありません。しょうがないので違う島の泡盛を飲んでいました。


1泊した民宿です。こんなに外観と中身の違うのも珍しいかな?
泊まったことのある人は分かるでしょう。(^^ゞ
民宿


島内の民家を写しました。この段階では、この家(ウチ)に後でお邪魔しようとは夢にも思いませんでした。ゆったりとしたサンシンの音が、この家からしていました。
民家



珊瑚で出来た塀、影を作るフクギ、サンシンの音、いい感じでしょう?
何もなくってもいいんです。(*^_^*)
フクギ



波照間島は歩いても半日で一周できるくらいの大きさで、最南端の石碑を歩いてみてきました。
最南端の石碑

泊まっている民宿の名前の入ったマイクロバスが、観光客を連れてきていました。お客さん達の去るのを待って、記念写真を一枚パチリ。


途中の風景は一面さとうきび畑でした。波照間のさとうきびから作る黒糖は、塩の味がするそうですよ。
さとうきび畑


ペムチ浜には二箇所ほど降りる所がありました。砂浜でビーチグラスを拾いました。
ペムチ浜


宿の前のテラスで、泡盛を一緒に飲んでいた島の人と訪問しました。
お知り合いの中らしく、どんどん家の中にまで入り込みビールまで頂いて来ました。サンシンの先生で、もちろん歌も素敵でした。意味は全く分かりませんが・・・・・。
サンシンの先生

先生いわく、伝統文化を守りたいので、島の若い人に教えているそうです。それで昼間サンシンの音が聞こえていたんですね。
穏やかな笑顔がとっても素敵な先生でした。ありがとうございました。




スポンサーサイト

沖縄の食事 - 2007.05.25 Fri


沖縄で食べた食べ物をご紹介します。
まず夜光貝のお刺身です。那覇の公設市場にある魚店で2300円(調理込み)を払い、二階にある食堂に持ち込んで食べました。ビールとご飯味噌汁は食堂で頼みます。しめて3000円ぐらいかな。
夜光貝

夜光貝の貝殻がお目当てのuntikusaiとしては、初めて食べる夜光貝はおまけみたいなものでした。
身が意外と柔らかく、一人では食べきれないくらいの量がありました。これはお買い得な一品でした。(*^_^*)

場所は国際通りにある公設市場の二階食堂です。お客でいっぱいでした。
20070525102041.jpg



石垣島の中ほどにある伊原間(いばるま)の食堂です。untikusaiの貝友がオーナーです。八重山そば500円がお勧めです。
てんさぐ娘

てんさぐ娘の店内です。棚にはたくさんの貝殻や珊瑚が無造作に置いてあります。欲しい人には言い値?でお譲りするそうです。
店内



与那国島の民宿に出た夕食です。同席したダイバーの方の勧めで「黒真珠」なる泡盛をご馳走になり、いつしか宴会が始まっていました。
民宿の夕食

おかずが少し寂しいようです。離島の環境では仕方ないかもしれませんね。


石垣島の離島桟橋から程近い所に、怪しげな親父のいる食堂があります。そこで食べたでたらめなネーミングの丼定食。
でたらめ丼

大きなシャコガイを器に使った雰囲気のある丼でした。片手で持って食べるにはチョと重過ぎるようです。お味のほうは、生姜焼き丼と思っていただければ良いかな?
トッピングに海ぶどうが乗せてあります。写真はもう食べた後でした。


今回もほぼ毎日の泡盛で、夕食のほうはほとんど兼用となりましたが、外食で食べた物の中からのご紹介になりました。
食生活に問題ありが、バレバレですね。(^^ゞ

日本最西端「与那国島」 - 2007.05.23 Wed


石垣島からフェリーで4時間の所に与那国島があります。日本の最西端に行ってきました。週2便のまさに離島です。
フェリーよなくに



やがて甲板より日本最西端の地、与那国島を望みます。若い女性が絵になっていますね。
船室は畳敷きの部屋でごろ寝していました。長時間の乗船なので、出来るだけ寝ていたほうが良いようです。
与那国島を望む



島での宿は港の目の前にある民宿にしました。本当に周りには何もありません。お昼も食堂が見当たらないので、宿に頼んで出してもらいました。
宿


港の隣にはナーム浜という入り江のビーチがありました。さっそく貝殻を探しましたが、全くありませんでした。残念・・・・・。
ナーマ浜


西崎(いりざき)から港を望んだ景色です。小さな町が一望できます。
久部良漁港



西崎にある日本最西端の碑まで、ゆっくり歩いて15分ぐらい。途中誰もいない貸切状態で、お天気も悪くかなりブルーな気分でした。
西崎1

灯台の所に石碑がありました。そこでミニ三脚を使って記念写真をパチリ。
西崎2



帰路も欠航にならず無事に石垣に帰ってきました。
ここで新情報です。石垣島の桟橋が隣に移動しました。新しくターミナルが出来て利用客にとってはとっても便利になりました。
旧桟橋は緊急避難用として残しておくそうです。それで雰囲気が変らなかったんです。
新桟橋ターミナル

2泊3日の与那国島でしたが、やはり遠いという実感が残りました。ほとんどダイビング愛好者の世界で、まったく部外者って感じで帰ってきました。
次は波照間島です。





グレートバリアリーフでシュノーケリング - 2007.05.15 Tue

世界遺産の大珊瑚礁グレートバリアリーフ(BGR)で、初シュノーケリングしてきました。ポンツーンと呼ばれる人口浮島に渡り、一日中楽しみます。まずはノンチが遭遇したBGRからの歓迎を・・・・・。 ウォーリー君の歓迎
シュノーケリング中にこんなに大きな魚が近寄ってきました。凄いでしょう?ウォーリー君と呼ばれるレインボーフィッシュナポレオンフィッシュです。こんな体験はめったに出来るもんじゃありませんよね。いいな?。 untikusaiはこの時オカにあがってサボっていました。(^^ゞ 二人とも初めてなので、シュノーケリングのツアーをお願いしました。幸運にも二人だけの貸切になり、浮き輪にぶら下がって楽しました。 ツアー
ツアー2
ポンツーンはGBRの真ん中にある浮島。周りには何にもありません。そんな所でのシュノーケリングはこんな感じです。ポンツーンに居た人達は何処に行ったんでしょう。散らばってしまうとこんなもんです。 BGRの真ん中で
海面下にはお魚さんがこんなにたくさん近寄ってきます。 海面下
半潜水艦で海中を散歩しました。日本にもこれがあると良いんですが。 海面下2
ポンツーンはこんな所です。大きなテントで強烈な日差しをさえぎってくれています。 ポンツーン
ポンツーン2
シュノーケルツアーの記念写真をパチリ。 記念写真
初体験のシュノーケリングは、目の前に広がる感動的な世界に目を奪われながら、マスクに入ってくる海水との戦いでした。嫌というほど鼻や口で海水を飲みました。ついつい鼻から噴出してしまうんで、マスクに海水が入ってきます。そうなると鼻から海水が入るわけで・・・・・。口呼吸の練習が重要だと知りました。 楽しい時間があっという間に過ぎ、思いで深い一日になりました。こんなに楽しい思いをすると、きっとノンチはオーストラリアにはまるかも・・・・・。

憧れの貝を発見 - 2007.05.14 Mon

石垣島にはまだまだ珍しい貝が生きています。
クモガイやクロタイラギの生態をご覧ください。
まずはクモガイです。海面から突起部を出しています。
クモガイの発見


見てください。くもがいのをひっくり返した所です。裏側も綺麗でしょう。
クモガイの発見2


身抜きのためぶら下げました。おもりで身を引っ張っておけば自然と抜け落ちるそうです。このままではダメです。
クモガイの身抜き


標本になった状態です。汚れを取るとこんなに綺麗な模様が現れます。
クモガイ



クロタイラギは珊瑚と珊瑚の間に細い先を下にして埋まっていました。
先端から細い糸(足糸)を何本も出して、珊瑚にしっかり張り付いています。
綺麗な外套膜を見てください。こんなに間近で見れるとは・・・・・。
クロタイラギの発見

クロタイラギの発見2


取り出して汚れを落とすと、貝殻の表面に突起がたくさんありました。
クロタイラギ



オオタカノハガイも珊瑚に埋まっていました。打上げでは片方の貝殻しか見かけませんが
この貝は生きています。
取り出すにはマイナスドライバーの先で珊瑚をほじくって取り出しました。
オオタカノハガイ

この貝も足糸で珊瑚にしっかりとつながっていました。
上から見えるほうが蝶つがいの部分になります。これじゃどうやって開け閉めするんでしょうか?不思議ですね。

生き貝に出会えて初めてその生態を知ることが出来ます。チャンスがあれば又ご披露したいと思います。(*^_^*)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

<untikusai>

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。