topimage

2010-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖の貝 - 2010.04.29 Thu

琵琶湖の貝を初採取。
堅田漁港にある貝山へ和歌山の帰りに立ち寄りました。

まず水洗いをしました。
何と小さい巻貝から蓋が出てきました。
琵琶湖の貝1


次に並べて同定を始めます。
種類ごとに別け、図鑑で特徴を照らし合わせます。
同じような貝ですのでほんの些細な違いでも見逃せません。
どれも初採取の貝ばかりです。
中で珍しい「オトコタテボシガイ」と思った貝が出てきました。
残念・・・「タテボシガイ」と判明、ぬか喜びでした。
よく似ているんです。
琵琶湖の貝2
untikusaiの貝集めは名前を知るためが目的でした。
図鑑では分からないので始めたものです。
今では貝コレクションがライフワークになっています。
(^(∞)^)
スポンサーサイト

和歌山の貝旅 - 2010.04.18 Sun

和歌山の潮岬へ行ってきました。
何だか天候不順でしたが、オゴクダの浜に下りてきました。

潮岬灯台です。空の高いところで雲が動いているようです。
灯台1

4年ぶりのオゴクダです。
何だか浜が狭くなったように感じられました。
あいにく風が強く波しぶきが顔を濡らすほどでした。
オゴクダ

宿泊は灯台まで歩いて数分の「みさきロッジ」です。
いつもは屋上から夕日がきれいに見えます。
みさきロッジ


南部町の漁港を見学しました。
4月下旬まで伊勢海老漁が続くそうです。
たくさんの船がいました。
漁港1

今回の旅は琵琶湖の堅田に途中下車します。
貝山で有名な堅田漁港です。
漁港2

トレーニングの成果をお見せしましょう。
擬態1です。
擬態1

擬態2です。
擬態2

擬態3です。
擬態3
どれがどんな擬態か想像してみてください。
生物の世界は生きるか死ぬか・・・生存の執念を見ました。


擬態1をクリーニングしました。
黒い軟体の下から貝が出てきました。
名前は・・・・調査中です。(^^♪
擬態1-1
貝の名前が解りました。「オトメガサ」だろうと言うことです。stergateさん、あんやと(^^♪

擬態2にオレンジ色の何かが付いていました。「カイウミヒドラ」だそうです。
「シワホラダマシ」とこのオレンジは共生しているそうです。
擬態2-1

擬態3は「キイロカニモリ」です。
少しだけブラッシングしました。
擬態3-1

クリーニングの済んだところです。
どうです・・・見違えたでしょう。
擬態3?2

他にも貝の擬態には驚かされるものがたくさんあります。
貝の世界にさらにはまって行きそうです。
(´Ω`)

4年ぶりの潮岬 - 2010.04.13 Tue

潮岬へ貝採取に行きます。
4年ぶりです。

2006年に撮った潮岬です。
潮岬1

潮岬2

珍しく同行者のいる貝採取になりました。
準備した用具は、ピンセットとタッパ。
前回よりは進化しています。

予定として4/17に帰ることだけ・・・。
気ままな貝旅です。

兼六園の桜 - 2010.04.08 Thu

うす曇花冷えの中、兼六園の花見をしてきました。
有名な熊谷桜や菊桜などはまだ咲いていませんでしたが、ソメイヨシノは満開です。

兼六園の通りにあるぼんぼりです。桜にぼんぼりマッチしてますね?。
ぼんぼり

石川門が見えてきました。金沢のお城で残っている唯一の場所です。
お城らしくって好きな景色です。
石川門1

天守閣じゃーないんですが・・・・。
石川門2

石川門の橋の上から撮りました。観光客の方がたくさんみえてます。
石川門3

兼六園の中で咲いているシダレザクラです。
シダレザクラ

桜の枝をアップしてみました。
さくら

白鳥路に続く歩道もきれいに咲いていました。この桜の幹は1mぐらいありそうです。
白鳥路
お天気の悪いのを承知で出かけてきましたが、あまりの寒さに二次会へ場所を移しました。
真冬と同じ格好でしたがそれでも寒かった・・・・。
(´Ω`)

西宮市貝類館 - 2010.04.02 Fri

西宮市貝類館の訪問は今回奄美貝旅行のスケジュールに入っています。
貝類館はuntikusaiが貝コレを始めて以来、貝の同定に大変お世話になっています。
貝の専門博物館は日本ではここだけでしょうね。
貝類館
遠方なので年に一回訪問がやっとです。
貝類館では時間のたつのも忘れて貝談義に花が咲きます。
いつもあたたかく素人同然の私を迎えてくれます。

二階事務室のテーブルには貝の標本が積まれています。
そんな中に一つ気になる貝がありました。
バイガイですが・・・・。
バイガイ1
バイガイ2
このバイガイ変なんです。
トラ模様が途切れないで続いています。
untikusaiの標本にはこんなバイガイは見当たりません。
ちなみにuntikusaiのバイガイの標本を集めてみました。
バイガイ3
似ている貝がありませんよね。
大きさや形状は似ているんですが・・・・。


そこですぐに質問です。
回答が高田さんから知らされました。

学名で「Babylonia perforata」 ということでした。
どうやら和名の付いて無い貝のようです。
そこでuntikusaiが「タイガーバイガイ」と呼ぶことにします。
ここだけの話ですが・・・。
(´Ω`)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

<untikusai>

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。