topimage

2011-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山の貝採取 - 2011.12.30 Fri

和歌山の漁港巡りと干潟の貝採取に出かけてきました。
季節的には喜ぶような収穫はありませんでした。
ここは田辺市の漁港です。
漁港

この浜にいつもは打上げ貝を沢山みかけます。
今日は珍しくホネガイの打上げをを見かけました。
打上げ貝

日ノ御崎の磯に降りてみました。
ちょっとした岩登り。
二度と行きたくありません。
磯

ある漁港で漁師の方からコノ貝を頂きました。
見た目は汚いですがクリーニングするとすごい標本になります。
貝の名は「ショウジョウガイ」。
ショウジョウガイ

干潟での収穫。
サラガイ系とヒザラガイ系です。名前の同定はこれからです。
クサイロアオガイ
ヒザラガイ

貝のコレクションを趣味にしている人は少ないようです。
めったにいない貝友は大事にしないと。
次回の採取会を楽しみにしています。
(^(∞)^)
スポンサーサイト

和歌山の貝採取―食事編― - 2011.12.26 Mon

12月の和歌山へ貝の採取に行ってきました。
この時期の貝採取は期待薄ですが・・・さてどうなりますか。

まずは名物料理を。
名物料理
何といっても海鮮料理。お刺身の盛り合わせをお腹いっぱいにということで。
お店の「名物海鮮山里盛り」を一人前お願いしました。
アジ、カンパチ、マグロ、エビ、タコ、しめ鯖、ホタテの七種盛り。

お薦め「ジャンボかますの一夜干し」。
カマス

お店のお品書きです。
まだいろいろ食べたかったのですが凄い混みようで・・・。
このあたりで退散しました。
おしながき

お店の玄関先に味ぐらの赤のれん。
これぞ庶民の店って感じでした。
山里

入れ替わりのお客さんに、アジとカンパチのお刺身をお薦めして宿に帰りました。
明日からの貝採取のため早寝します。
(´Ω`)

’11現代能面公募展を見る - 2011.12.03 Sat

先日、金沢能楽美術館で開かれている能面公募展を見てきました。
特選、優良賞の作品は美術館2階の展示ケースにあります。
入賞作品は3階の展示パネルで見ることができました。
撮影禁止のため500円で購入したパンフレットをご覧ください。
公募展


untikusai的には2階の展示はイマイチどうかと・・・・。
同じ条件で見てはじめて能面の真価が問われるもの。
なんだか見下ろされている気分です。
そこで3階の能面の中でuntikusai賞を決めることに。
パンフから撮りましたのでご容赦ください。


[untikusai優良賞]
受賞理由
造形彩色とも感動を覚えました。
万媚がもつ女のさがを感じさせます。
万媚

[untikusai特選]
受賞理由
何といっても彩色がずば抜けています。
今回の公募展で一番ではないでしょうか。
蝉丸


特選、優良賞の20作品と加賀宝生所有の古面が2階展示場で展示されます。
公募展の展示と期間がダブっているようですが・・・。
パンフの面(おもて)に特選の10面が使われていました。
新古展

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

<untikusai>

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。