topimage

2014-05

チョッと先の話ですが・・・ - 2014.05.29 Thu

中日ー横浜の公式戦チケットを買いました。
家は北陸中日新聞をとっているので販売店にお願いしました。
即日内野指定席が確保され、本日チケットが届いたわけです。

今では熱狂的なファンを卒業し野球好きなオールドファン・・・とここでは申しておきましょう。
試合が始まると変身?するかも。特に敗色濃厚になるとどうなるやら。

試合はまだ先ですがいまからお天気が心配。
北陸シリーズでは必ず一試合雨天中止になるんです。
年に一度の楽しみを奪わないでくださいまし・・・・パンパン。
チケット

野球観戦にこれは欠かせないでしょう。販売店さんからいただきました。(´Ω`)
omake.jpg

スポンサーサイト

竹の子料理のコースって? - 2014.05.12 Mon

金沢別所の竹の子料理を食べに行きました。
金沢では料理は別として別所の竹の子は有名。
そこへ食べに行くのだから期待大。
本家○○となにやら敷居が高い。
本家

お昼までまだ間があるのにけっこうお客が入っている。
座敷に通されるとそこにはすでに二組の先客。
襖をはずした大広間にお客を通している。何やらわいわいとにぎやかです。
注文はお決まりの竹の子料理コースで。
竹の子料理
コースは七品で2700円也。値段の割には見栄えがしないようにも・・・・。
お味のほうは普通でした。つまり我が家の竹の子ご飯と変わらない薄味の味付けでした。
考えてみれば精進料理そのものですから当たり前ですね。

そこそこお腹も膨れて玄関へ。
出口の外に霧島つつじが満開でした。
霧島つつじ


能面 姥 - 2014.05.07 Wed

能面「姥」を彫り始めました。
型紙は堀安衛門著の能面打ち下巻の型紙を参考にします。
うつす面は天下一角の坊の切り通しの姥。
ちなみにぐぐるとこんな具合です。
uba.jpg


金沢の近江町プラザで開かれている能面教室で作業しています。
型紙は本からコピーして厚紙に貼り付けたものを使います。
幸いなことにこの下巻には姥の正面や側面、裏面の写真まで載っています。
ありがたいことです。
私たち愛好家にとって型紙の入手にいつも苦労させられます。

さて今回は粗彫りの工程を撮影しました。
だんだん出来上がるのが分かると思います。

まずは目付けの高さを決めますが瞼の方が高いので寸法を仮にそちらにしておきます。
後で目付けは下げます。
姥粗彫り1


面裏は粗彫りの前でもかまいませんがついでにかるく取っておきました。
姥粗彫り2


次は小鼻の高さと口端の高さを決めます。
初心者の頃この作業が出来なくて苦労したモンです。
姥粗彫り3


側面から見るとこんな具合です。
姥粗彫り4
姥粗彫り5


目のくぼみを少し掘り下げておきます。
後は角ばっているところを丸刀でならしておきます。
さらにあごの付近にある不要なところをすくっておけば後が楽です。
姥粗彫り6


次からの工程はuntikusaiの最も好きな時間です。
型紙の横型を上の額から下のあごまで彫刻刀で掘り出します。
この工程は時間をかけてゆっくりとやります。
何しろ一番好きなところですから。

オオルリ - 2014.05.03 Sat

ワンコたちの散歩途中に野鳥に遭遇。
リンとチャが匂いをかいでいたのを離して様子を見るとそこに野鳥が・・・・。
固まっていた。
しばらく様子を見ているとようやく目が動き飛んでいった。
オオルリ2
オオルリ1
野鳥の名前はどうやら「オオルリ」・・・・かな?

ググッたオオルリを見るとこんな具合。
オオルリ
もちろん初めてでした。(´Ω`)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

<untikusai>

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ