topimage

2015-03

貝旅 - 2015.03.30 Mon

台湾へ恒例の貝旅です。
実質4泊5日なんですが前泊後泊と大阪の寄り道で7泊8日になりました。
今年も私の貝ブームはオーロラニシキを引きずっていました。
新たにオオシマヒオウギというこれも日本産の貝にひと目ぼれ。
まずはその貝から。
オオシマヒオウギ

宿泊は台湾貝友のkoさん別荘で。ナント温泉付きなんですよ。去年購入したそうです。
taiwan1.jpg
taiwan2.jpg

まずは台湾の海鮮市場めぐりから始めます。
竹園漁港→富基漁港とお目当ての貝をもとめて・・・・。
taiwan3.jpg
taiwan4.jpg

こんな貝をゲット。主に友人の貝友が購入したものです。
untikusaiはホボウキガイを1個だけ。
中身は別荘でゆでて食材に活用。
taiwan5.jpg

台湾に来たからには夜市をはずせません。
金山と美景の夜市を徘徊しました。
taiwan6.jpg
taiwan7.jpg

夜市では今回こんなものを食べました。
まさに臭いやつです。
いつもは避けていたのですが今夜は成り行きでこうなりました。
taiwan8.jpg
taiwan9.jpg
美味いかって?
ウーン、完食できたってことはソレナリニ・・・。( ^Ω^ )

別荘での宿泊は2泊。その後美景の定宿に投宿。
最寄のkoさん宅コレクションルームにステージを移動します。
taiwan11.jpg

ダイアナニシキ。イギリスのあの方の名を頂いた貝ですな。
個人的にはダイアナカラーはオレンジだと思っていましたが。
これ全部ダイアナニシキとなると・・・・・。
taiwan13.jpg

コレクションルームのキャビネットにはいろんな飾りがあります。こんなものも。
taiwan14.jpg
アメリカ土産だそうです。ひとつホチイ。

台北市内にいる貝友のsonさんがコレクション片手に参戦しました。
以前に出品したカノコガイのコレクションです。
すべて台湾産でsonnさんの採取だそうです。凄い・・・・・。
taiwan12.jpg

台北桃園空港から帰還。
旅の成功を祝して珍珠奶茶(チンチュウニュウナイ)で乾杯。
この飲み物実に美味いんです。お勧めです。
taiwan15.jpg

おまけに大阪の友人宅も欲張って訪問。
いわゆるジャズバー。
建築会社を廃業して念願のこの店を開いたそうです。
65歳で。
oosaka1.jpg

ワンコの名前ビャンコ。3年ぶりですが喜んでくれたようです。
oosaka2.jpg

店内はこんな雰囲気。
ステージのこの方たちみんなお客様。
カラオケみたいなもんでしょうか。
大阪人はすごいです。
oosaka3.jpg

これにて貝旅の報告終了です。
長文お付き合いいただきありがとうございました。
「( ^Ω^ )
スポンサーサイト

「喝喰」の彩色3 - 2015.03.17 Tue

今日も彩色を続けます。
前回の彩色は唇に基本の朱を入れたところまで。
朱は8番を使いますがこのあと好みの色合いにします。
では喝喰のbefore-afterから。
sai1.jpg

チョッと濃淡をつけ髪の毛の下書きまでしました。
sai2.jpg

お隣の桝田さんも髪の毛の下書きにかかっています。
sai3.jpg

小面の毛がきは彫刻刀で削りだします。
sai4.jpg

こちらの田中さんは今回胡粉の下塗りと上塗りを行います。
前回の続きですので手際がいいです。
sai8.jpg

彩色班はここまで。
それでは教室の様子をご覧ください。
sai5.jpg

長テーブルに二人がけがいいようですね。
見本の実物が横にあるというのが一番です。
sai6.jpg

こちらは女面の曲見ですね。かなり難易度の高いおもてですが頑張って。
sai7.jpg

今日はなんだか余裕のご様子のご両人です。
おもての写真を鑑賞するのは基本中の基本ですね。
sai9.jpg

能面アート倶楽部の専用ブログ - 2015.03.13 Fri

今まで無かった「能面アート倶楽部」のブログを作りました。
管理人はuntikusaiです。
雰囲気をチョッとだけ。
gazou2.png

投稿になれるため過去能面展のポスターを順次掲載しています。
fscebookにブログの更新案内が出すようにしました。
どうぞご利用ください。
( ^Ω^ )」



「喝喰」の彩色2 - 2015.03.03 Tue

前回の彩色で一番下になるところの色付を行いました。
今回はもう少し強めの調子をつけたいと思います。
絵の具は棒絵の具をニカワで溶かし基本色を作ります。

お手本の写真を横において頑張ります。
saisiki1.jpg

お隣で小面の彩色を今年1年目の桝田さんが行っています。
色の付いていないところをボンテンでたたいています。
saisiki2.jpg

やはり1年目の田中さんが彩色工程に参加してきました。
下塗りから始めていただきます。
初めてとは思えないような手馴れた様子で胡粉団子を作られました。
saisiki5.jpg

さて我々は唇に朱を入れ歯はお歯黒にします。
女面も男面も同じです。
この時代は男の人もお歯黒にしていたようです。
saisiki3.jpg

唇の朱は下地に朱の8番を溶いて使います。
写真の唇と相当違いますが何とかなるでしょう・・・・・・ならないかも。
saisiki4.jpg

教室の雰囲気をご紹介しますね。
中央にテーブル10個でロの字に配置しています。
二人づつ座ればキツキツ20人までOK。
saisiki6.jpg

ノコギリから荒彫りまでは作業板に座ります。
saisiki12.jpg

机上では彫刻刀の作業から彩色毛書きまで行います。
saisiki7.jpg

前掛けは必須アイテムでしょうか。
saisiki9.jpg

足が組めるのはホント楽ですね。
saisiki10.jpg

腰痛保持者に椅子は助かります。
saisiki11.jpg


おまけ( ^Ω^ )」
通小町に関係あるかも・・・・?
kayoikomati.jpg






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

<untikusai>

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ