FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「喝喰」の制作-穴あけ- - 2014.12.09 Tue

穴あけの工程です。
口、鼻、目の穴あけを一気にします。
では。

まず口はしにキリで穴を開けます。
キリは45度ぐらいに傾けます。
ana1.jpg

両側の口はしにキリで穴を開けたら次はノコギリで歯の下に当たる部分をひきます。
キリの穴までやや斜めにノコギリを傾けてひきます。
ana2.jpg

口の造形を平刀と丸刀で形作ります。
歯の高さを寸法どおりにします。
唇はやや平たくなるように写真を見て削りだします。
下唇と歯の隙間は平刀が隙間に入るくらいでしょうか。
ana3.jpg

裏から見るとこんな具合になります。
ノコギリの跡を丸刀と平刀で削りだし隙間を作ることを優先させます。
口端は小さな丸刀で削りだします。
ana4.jpg

次は鼻穴です。
まずキリで目印をつけます。
キリはかなりねかせ、ややセンターラインのほうに傾けます。
ana7.jpg

鼻の穴が通るように傾けています。
ana8.jpg

鼻穴を小さめの丸刀で削りだします。
ana9.jpg

面裏側からも鼻の部分を掘り出しておきます。
キリの跡が出てきたら裏側からも丸刀で穴を貫通させます。
ana10.jpg

面の厚みが均一になるように、この時点から丸刀で調整しながら削りだします。
鼻の下の上口部分も深さをそろえて削りだします。
ana11.jpg

目は鉛筆で黒目をつけた部分に小さな丸刀で浅くくり貫きます。
くり貫いた穴のセンターにキリを貫通させます。
me1.jpg

キリの貫通した状態です。
キリの跡を目印に丸刀で穴を掘ります。
me2.jpg

黒目が貫通したところです。
目の白目部分を1mm程掘り下げます。
me3.jpg

面裏はこんな風になります。
厚みを整えるためかなり掘り込んでいます。
この削り跡が自由に出来る唯一の箇所なんです。
個性的な削り跡にしましょう。
me4.jpg

面の厚みがほぼ2~3mmぐらいになりました。
重さもかなり軽くなっています。

次は面の最終仕上げです。
細かな凹凸や穴部分のケバを角度を変えてみながらきれいにします。
ここはじっくり先を急がずやります。
急がば回れ・・・・です。
( ^Ω^ )
 
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://untikusai.blog8.fc2.com/tb.php/340-250bad44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

忘年会 «  | BLOG TOP |  » 雪の忘年会

プロフィール

<untikusai>

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。