FC2ブログ
topimage

2018-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「喝喰」の下塗り」 - 2015.01.21 Wed

彩色の工程で初めにすることは下塗りの作業です。
カンバスに真っ白いのを塗るでしょう。
アレと同じです。
能面の場合は胡粉をニカワで溶いて塗ります。
胡粉は一番安いので十分です。
では。

胡粉を乳鉢に適量(スプーンで5~6杯ぐらい)を入れます。
sitanuri1.jpg

ニカワ液を少量入れて団子を作ります。
ニカワ液の濃度は指で粘着具合をチェックします。
やや強めの接着力になるように濃度を調整します。
団子が出来たらきれいな乳鉢の底に30回ほど叩きます。
sitanuri3.jpg

叩き終わると団子の表面にテカリが出てきます。
sitanuri4.jpg

後は再びニカワ液を加えながら団子を溶いていきます。
sitanuri2.jpg

粒が残らないよう気長に溶いてください。
sitanuri5.jpg

ヨーグルト状になれば完了です。
乳棒を早く回しすぎると表面に泡が残りますのでゆっくり回すといいです。
sitanuri6.jpg

平バケで手早く全体を塗ります。
2回ほど塗った状態です。
sitanuri7.jpg

表面の凹凸や泡粒の後をサンドペーパーで取り除きます。
sitanuri8.jpg

更に2~3回塗り重ねます。
乳鉢の胡粉液は時間がたつほど濃度が濃くなりますので適当にお湯で薄めます。
乳鉢の底に胡粉が固まりますので乳棒で撹拌してます。
sitanuri9.jpg

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://untikusai.blog8.fc2.com/tb.php/346-c7eeb68f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「喝喰」の上塗り «  | BLOG TOP |  » 能面の裏側

プロフィール

<untikusai>

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。