FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喝喰の彩色1 - 2015.02.17 Tue

昨日の能面教室で喝喰の彩色を始めました。
最近網撒きによる方法に変わり、初めからたたいて色付を行っています。
喝喰にはどこか色気を感じさせる工夫をしたいと思います。

まず梅鉢に赤青黄色の三原色を溶きます。
次に赤と黄色を混ぜオレンジをつくります。
以下カンニングペーパー通りに。
ume2.jpg

朱と墨以外は棒絵の具を溶きますのでニカワ液を少々垂らしておきます。
最初に作る色は一番下地となる色のつもりでやや暖色系を。オレンジを水で薄めて・・・・。
ume1.jpg

一度全体を均一にたたいた状態です。少し色が付いています。
次にたたく色はねずみを加え梅ねずみにします。
ここらあたりは適当に自分で決めます。
ume4.jpg

面の色が少しづつ変化しています。
さて次は利休ねずみにしましょうか・・・・。
決して濃くならないように注意しています。薄いのを何度も何度も・・・・。
ume3.jpg

調子付けはこれからですがまずは下地の色つくりと言った所でしょうか。
調子付けというのは面の凹凸から生まれる色の変化を少し強調させることと理解しています。
なかなか表現が難しく上手く説明できないのですが・・・。
網撒きと違う点は初めから調子付けしながら色付を行っていることでしょうか。
少し経験をつんでからのほうが良いのかもしれません。
ume5.jpg

下地の色とはこれから更にたたく色の届かないところの色のことです。
二重瞼や小鼻の横、二重あご、えくぼ、付け目の横と言った凹みの底に下地の色を付けます。
どうしても届かない場合は小筆を使って色を入れています。

次回はさらにたたき続けて男らしい顔の色を作ります。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://untikusai.blog8.fc2.com/tb.php/348-3addb5b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

etaxに挑戦・・・できるか? «  | BLOG TOP |  » 「喝喰」の上塗り

プロフィール

<untikusai>

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。